2021
08.30

WW2~朝鮮戦争米軍 M1936~M1945サスペンダー 

WW2 US

Xサスペンダーと呼ばれるものの初期のタイプでM1936とも呼ばれます。前方両側にリングが付いています。下の6か所のフックをM1936ピストルベルトやM1923カートリッジベルトのハトメ穴に装着します。

 

HISON Mfg.1942年製  以前ヨーロッパの倉庫で大量に見つかったデッドストックです。Dリング部近くのストラップが細くなっており、Dリングがプレートで固定されている初期のType Iと呼ばれているタイプです。

 

 

 

 

V.B.Co製1942年

 

 

 

 

 

S.Froehlich.co.1943年

 

 

 

S.Froehlich.co.1941年

1942年のみの生産メーカーG.B.Co.製 です。

Dリング部分が縫い付けで、肩補強が付いたTYPE IIIと呼ばれる後期型です。1944年から使われたそうですが、こちらはDAN DEE BELT & BAG Co.製で1943の数字が見えます。肩がの補強がカーキの2トーンカラーになっています。

 

 

大戦後期のもので、背中側にパックの水平ストラップを通すための3本スロットが追加されています。M1944と呼ばれます。

 

1944年メーカー名はK.T.A.と読めるのですがはっきりしません。2トーンカラーの未使用品です。

 

 

 

 

 

1945年のM1944 サスペンダーです。こちらは肩部分にパッドがありません。

 

 

 

 

同型のB M INC. 1944年製

 

 

 

 

Boyt1944年 裏に昔サープラス店で売られていた際の価格が書かれています。

CP Co.1944年

 

こちらはさらに後期の肩にパッドが付いたタイプでM1945とも呼ばれます。1950年製

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。