About us

“ミリタリアアドバイザース”は造語です。

ミリタリーアドバイザーは軍事顧問のことですが、
ミリタリアは軍にまつわる骨董品を意味していて、ミリタリーアンティークのアドバイスをしていく意味で
このホームページを作りました。

私は2004年から、アドバイザースというベトナム物中心のミリタリーショップをWEB上で運営しています。

メルマガでキャンペーンやお得なお知らせを行っています。こちらにご登録ください。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=IRnMDpwluAs

それ以前から、イベント等でミリタリーアイテムの販売を行ってきました。
ショップを始めるまでの経緯を書いていきます。

きっかけ

1970年代のことです。
父の友人がハワイに住んでいた関係でハワイに家族旅行に行くことが出来ました。

その時泊まっていたホテルからすぐのところに陸軍博物館があり、ビーチなどにはいかず滞在中毎日そこに通っていました。
水着やアロハを着たアメリカ人たちがうろつく中で、まったく場違いな戦車や榴弾砲が並んでいて強烈な印象でした。

博物館の規模は小さかったのですが、その売店がものすごくて
ナチのヘルメットや米軍の2次大戦装備、衣類、ダミーカートリッジ、徽章類など
実物の軍装品がカラスケースに並べられ、大量に売られていました。
あとで友達に話しても、「まさか博物館で所蔵品は売らないだろう」
と信じてもらえなかったのですが、たしかにそこでお土産に20mmと12.7㎜のダミーカート
を買って帰ったので夢ではないと思います。
ドイツ軍のヘルメットは$25前後で、全体的に非常に安かったと思います。

その数年後、中学生の時にハワイに訪れた時は博物館の売店は無くなっており、あまりのショックで
父に頼んで博物館の人に売店はどうなったか聞いてもらった覚えがあります。
するとすぐそばにミリタリーショップがあることを教えてもらい私の中では、売店が外に移転したと思っていました。

ショップの名は「Military Shop of Hawaii」でこちらも当時日本では見ないような各国の軍装品が
たくさん売られていて、2次大戦のドイツやイタリアの銃剣が30~40ドル、2次大戦の各国ヘルメット類が30~50ドル
ポルトガルのリザード迷彩服やローデシアの迷彩服など、なんでこんなものがここにあるのか?というような品ぞろえでした。
私はM79の練習弾とナチの徽章類、2次戦の米軍装備や当時出たばかりのソルジャーオブフォーチュンという雑誌を買った覚えがあります。

ハワイ滞在中、1日に2回はここに通っていてせっかくハワイに子供を連れてきたのにほとんど軍装品店に居られて、親も呆れていました。

この店もそれほど長く続かず、さらにその数年後にはその場所が空き店舗になっていました。

今も博物館は同じ場所にありますので、時間があったら寄ってみてください。
ワイキキのホテル群から少しアラモアナショッピングセンター方向に歩いた芝生に囲まれたエリアで、ビーチもすぐです。

中学生の頃のアメリカ旅行

また父に連れられ
今度はサンフランシスコとロスアンゼルスに行く機会がありました。
1970年代の末頃だったと思いますが
あちらでどうしてもミリタリーショップに行きたくて
でも、実際にお店の場所を探す手段が無く
日本の軍装品店に汚い字で
「アメリカのミリタリーショップを教えてください。」
と手紙を出しました。

結果は…
当然返事無しがほとんどでした。

ところが。
ひとつだけご返事をくれた店があり
仕入れ先に使っているところは教えられないが、
ガンショップやサープラス店のあるストリートなどを
丁寧に紹介してもらえました。

紹介されたサンフランシスコの
ガンエクスチェンジに行ってみると、
軍用ライフルが99ドルで店の中央に
中古ゴルフクラブのように、100丁ほどずらりと並んでいて
自由に手に取ることが出来ました。
38式、99式、エンフィールド、Kar98など
2次大戦で使われたが大量に売られていました。

壁に軽機関銃や対戦車ライフルも飾られ
ナイフなどは自由に買えました。

やる気のなさそうな制服警官が店内に
何人もたむろしていて銃を眺めたり、店員と銃談義
をしていたのが印象的でした。

そのうちの1人とうちの父が
すれ違いざまぶつかって
にらみ合いをしたので
かなり緊張したのを今でも覚えています。

この銃のデパートのような
大型店は、その後カリフォルニア州の
ガンコントロールが厳しくなり
閉店したと聞きました。

イエローページを使ってショップさがし

サンフランシスコに着いて、まずやったのは
イエローページめくりでした。
当時はアメリカでも
インターネットやパソコンなどはなく
ほとんどのホテルに分厚い黄色い紙の電話帳がありました。
まだ公衆電話が沢山あって(半分くらいは壊されてました)
それぞれの電話の下の棚にもイエローページという
電話帳がありました。

探し方にコツがあって、例えば自動車ディーラーや、カーパーツ
を探すにはautomobileで探します。
car shopでは見つかりません。

ミリタリー、サープラスショップでいくらさがしても
軍施設やオフィス向けの払い下げ会社しかなく
アーミーネービーストアというコーナーにまとめて
掲載されていました。

当時はデジカメもなく、コピー機を借りるところもなかったので
ひたすら住所と電話ろFAX番号をメモって
JALで発行している日本語版の市内地図と
現地の地図をみてディーラーの場所の検討をつけて
朝から徒歩で探し回りました。

サープラスショップはダウンタウンに多く道に酔っ払いが座っていたり、意味もなく
路上駐車の車の中を覗き込む人などがいて
かなり治安が悪い感じがしました。
ダウンタウンなので安売り衣料店も多く
今では貴重なリーバイスのジーンズが
山積みで、日本の1/3くらいの価格で売られていたのを
覚えています。

あとで現地ガイドに子供が一人で歩く場所ではない
と父親が注意されていましたが
父親が「これも勉強のひとつだ。怪我をして学ぶこともある」
と言い返していました。

こうしてガラクタ屋さんの中から
本格的なミリタリーアイテムを扱う店をピックアップし
帰国後手紙やFAXで取引を始めました。
また別の機会に書きますが、アメリカのサープラスショップ全盛期
は1950~1970年代で、このころは
その末期だったと思います。
その後連絡を取っていた店も次々に廃業していきました。

レンタカーで店さがし

中学生の頃、父と一緒にサンフランシスコに行ったときは
タクシーと徒歩で街を回りましたが、
そのあと家族でロスアンジェルスに行く機会があり
その時は、さすがに父に頼んで一日レンタカーで店探しをしました。
80年代の頭の頃でした。

ロスはサンフランシスコと違って完全な車社会で
街に歩いている人が少なく、また徒歩は危険と言われていました。
当時ナビは無いので、事前にイエローページや
日本の雑誌で仕入れた情報をもとに
英語の地図と日本語の地図を見比べながら
店を回りました。

基本的にサープラスショップはダウンタウンや
倉庫の多いエリアにあり、ロスの繁華街ではないエリアばかりでした。
店の前に路上駐車するのにも車上荒らしが怖い
と父が言っていました。

店主は白人の太ったお爺さん
というのもお決まりで、商品選びに迷っていると
よくアクビを連発していました。
でも、日本人の親子連れの客は珍しかったのか
あまり差別も受けず、フレンドリーに対応してくれる店主が多かったです。

この時買ったものは
当時は最新の車両搭乗員用のノメックス生地のジャンパー
SRU21/Pサバイバルベスト
ナイフ各種と小物類、それにミリタリー関連の雑誌類でした。
当時小さかったので、衣類はXSサイズがあるものを買っていました。

続く・・・