2021
04.04

M1936ピストルベルト

WW2 US

最近数が減ってきた感があるので、ベーシックな装備ですがバリエーションを記録しておこうと思います。2次大戦時の歩兵の大半は基幹小銃であるM1ガーランドを使用していたので、写真上の10ポケットのM1923カートリッジベルトを使用していました。それ以外の武器を使い歩兵やそれ以外の兵科ではピストルベルトを使用しています。将校は一部の兵はこのベルトにピストルホルスターを装着しますが、ほとんどの兵士は弾薬やほかの装備に使っていたので「ピストルベルト」という名前は通称だと思います。ベルト上部の鳩目穴にサスペンダーのフックを、下部の鳩目穴に装備品のワイヤーフックを固定します。

*以下ヘビーなコレクターのお客様からのアドバイスを転載します。

M1936ベルトは、製造年スタンプから判断すると1941年から1957年まで支給されたようです。(1940年より前のスタンプが押された個体は未だ確認されていません)。1942年でさえ、M1912ベルトの着用が普通に見られるので、大量のM1912の在庫処分に5年かかったということでしょうか。
製造を担当をしたメーカーは以下の7社と言われています。
Russell co.(RM.co)
S.Froehlich.co.(SF.co. inc)(フレーリッヒはドイツ発音で、英語ではフローリックと発音するようです。)
NASCO Awning
YALE
K.I co.
BM INC
JQMD(個人的には、未だ確認していません)
海兵隊には1941年にはRM.co、1942、43の2年間はSF.co. incの1社みが納入しました。いずれも、裏側にUSMCのスタンプがあります。44年以降は陸軍から供給を受けたようで、44年のUSMCスタンプ付きM36ベルトはフェイクです。
また、RM.co、SF.co.incともレンドリースでロシアにUSスタンプ無しのM36ベルトを納入しましたが、この里帰り品にUSMCスタンプを押したフェイクが流通しているので、注意が必要です。

S.Froehlich.co.(サム・フレーリッヒ)の1942年製です。1942年末期からバックルが真鍮から亜鉛合金に、43年から表示がS.F.Co.Inc.に変更されたそうです。

 

これもバックルが亜鉛合金のK.I.Co1942年製。未使用品です。

 

金具はブラスでスライドキーパーはフラットのものです、RM Co.社の1942年製と思われます。白いペイントを縫った上に名前を書くのはよく見られますが、それにしてもいろいろ書き込まれていますね。

 

Nascoの1942年です。バックルは亜鉛合金キーパーと端のフック付き金具はスチール製です。

 

 

OD色の亜鉛合金バックルのものです。キーパーがフラットでなく薄い素材で補強リブ(山)付きになっていますが、これは1944年以降に登場したものだそうです。 Nasco1944のスタンプがあります。

これも亜鉛合金バックルです。R.M.Co.1944年

こちらは変わった生地のタイプで、横のリブ(溝がありません)。第2次大戦後期に見られるベルトです。

 

  

ブラス金具で山付の薄い素材のキーパーのものです。上のものは白ペイントにナンバーが書かれています。年号は読めませんがレクターの方のアドバイスによると「バックルについては真鍮が戦略物資に指定されたため、1942年末期から1945年までそれまでの真鍮から合金製に変更され、戦後再び真鍮に戻されました。よって、このベルトは戦後のものです。ちなみに、M1936 ベルトは1957年まで製造されました。」とのことです。

 

1951年の未使用品です。M1936と書かれています。50年代のスタンプはこのように細かい文字が生地の溝に沿って印字されているので、ちょっと使用するとすぐに見えなくなってしまいます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。