2022
03.09

ユーティリティーシャツ

Vietnam

ベトナム戦時を通して使用された2ポケットのシャツです。1950年代から70年代まで大きな変更なく使用されましたが小さな変更は数多くあったのでバリエーションを紹介します。

これは最初期の部類に入るもので前合わせは6ボタン(折り返す部分含む)で襟のタグが無くスタンプだったものです。袖はストレートでタブやボタンはありません。胸ポケットの下は角を切り取ったデザインですが、ポケットの蓋は四角です。ボタンは茶の強いオリーブ色です。

ウエストは細く改造(モディファイ)されています。

左袖の現在の部隊を示すSSI(ショルダースリーブインシグニア)は特殊部隊、右袖の以前所属して実戦参加したことのある部隊を示すコンバットパッチは82空挺師団のものです。

 

こちらは元ベトナム従軍者の機甲兵科の大佐のロットに入っていたものです。このようにベテラン御家にまとまって残っていることが多いです。

戦後に着用していた80年代の黄色ラベルの上下です。左袖に第5軍、右袖のコンバットパッチはMACVとなっており、当時の機甲部隊のアドバイザーだったものと思われます。

同じ大佐のベトナム戦時の上下でパンツは1969年のものです。戦後に左袖のパッチを機甲師団のものから第5軍に付け替えてあります。シャツの形状はポケットもポケットフラップもホームベース型で袖に常設ボタンあり、ボタンはファティーグと同じ形状で5thタイプと呼ばれるものです。

同タイプで海兵隊で使用されたものです。1971年のものです。サイズタグも残っていました。

こちらはPX品のノーアイロンパンツです。

こちらはよく見られるベトナム戦争当時の空軍のシャツです。ラベルが外されていますが、1964年頃のものす。袖はストレートのボタン無し、ポケットもポケットプラップも四角の下側の角を切り取った形状です。ボタンは平ボタンで、サードタイプと呼ばれているものです。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。