2022
03.08

フラッグキット

WW2 US

通信兵科Signal Corpsの兵科章になっている通信用のフラッグのセットです。専用のバッグにもこのマークがプリントされています。

中に手旗信号用の赤白が斜めに分割された旗と、Wigwagフラッグと呼ばれる四角の中に小さな四角のあるフラッグが入っています。手旗信号は両手の角度で文字や数字を表しますが、Wigwagは1本の旗の振り下ろしのみで、左右と前方の3方向の振り下ろしをそれぞれ1,2,3ポジションとしてこの3つの組み合わせで文字や数字を伝えます。22がA、121がCという風に決められており、モールス信号に似ています。

Wigwag用の金属の組み立て式ポールと手旗用のウッドポールが入っています。もう何時大きな赤の四角の中に小さな白の四角のフラッグが欠けています。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。