2022
05.19

SOGナイフ社

others

ナイフネタが続きます。SOG社のナイフは1986年創業で、その時代から良く知っていましたが当時は実物のSOGナイフを探すのに追われており、SOG社のものはその高級レプリカという認識で実際購入はしませんでした。現在では古いモデルはプレミアムが付いています。高品質で岐阜の関市の服部刃物でOEM生産されたモデルは品質が高く、今でも探している方が多いです。

当時S-1と呼ばれるこのようなスタイルのナイフでスタートしました。その頃も高価なナイフでしたがクオリティが高いことで有名でした。そのが服部刃物さんとの連携が強くなりHattoriブランドでS1~2シリーズなどのモデルをリリースしましたが2000年代の頭頃から段々と安価な台湾製のブレードに切り替えられていきました。今もSOGナイフデザインのBowie2.0という名称で販売されていますがそちらも台湾製のブレードです。

 

こちらはその後服部刃物がSOGブランドではなく独自に販売しているHattori TV1~3シリーズのTV-1です。SK5をブルーフィニッシュしたものです。これもアメリカのナイフショップの古い在庫にあったものです。

服部さんのロゴが入っています。

 

現代的にデザインされたフォールディングナイフのTOMCAT-3です。ハンドル長10.5cmで太くごついハンドルです。Seki-japanの刻印があります。この辺の現代的なフォールディングのラインは関市のメーカーの中でもG.Sakaiさんで作られていたはずです。

さらに大型化されたFATCATです。ハンドル長14cm、約4㎜厚のブレードは長さ11.5cmあります。重さも240グラムの大型フォルダーです。VG-10鋼、関ジャパン製です。側面のボダン(レバー)を押し上げてロックを解除する仕組みでARC LOCKという名前がついていました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。