2022
03.01

アーミーナイフ、ポケットナイフ (民間モデル/その他の国のもの)

others

純粋なミリタリーからは外れるかもしれませんが、10年くらい前からアメリカのナイフディーラーの方に古いポケットナイフをまとめて送ってもらっています。米軍用もありますが民間用や、それ以外の軍隊のもの、民間のベンチメイド、SOG、レザーマンやオピネル、ウェンガーやビクトリノックスも混じります。ここで気になったものを紹介していこうと思います。

シュレードのOLD TIMERシリーズです。40年代頃のデザインを復刻したものですがブレードはステンレス、ハンドルはボーンに似せた樹脂に細かい斜めの溝が入ったSAWCUTハンドルへとアップデートされています。1980~90年代頃のもので、当時の経営者ガーディナー氏のあいさつ文にNYの工場で熟練したクラフトマンによって作られていることが誇らしげに書かれています。この後、中国製との価格競争にさらされシュレードも生産を中国に移していきます。結局ガーディナー氏は2000年代初頭に大規模なリストラを行い、熟練のクラフトマンのほとんどを手放しました。このあたりが転換期で多くのアメリカのナイフメーカーが中国製になったり倒産したり、吸収合併されたりで急速に勢いを失っていきました。

1892年代から1950年頃まで存在したValley Forge knife社のハンドル中央が盛り上がったきれいなスタイルのナイフです。このナイフは1940年代のものと思われます。収納時13.5㎝と大型ですがロックはなく、スプリングで固定するスリップジョイント式ナイフです。

ポルトガルの海軍用ナイフです。イギリスのものやカナダのものに似た形状です。プラスチックのハンドルに海軍基地の名称が刻まれています。ブレードはロープを切るのに便利なストレートで薄いもので、牛とのロープをほどくマリンスパイクはかなり太いものです太いほうが実用性が高いです)。NICULというメーカーです。 収納時12.5cm

軍用ではないですが、昔入荷して売れないので荷ほどき用に使用しているポルトガルのICEL社製です。日本ではあまり知られていませんが、昔からポルトガルのナイフはヨーロッパ各国に輸出されています。スチールなので錆びますが刃の材質は良くてあまり切れ味が落ちないので重宝しています。

ビクトリノックス社のアルミハンドルシリーズALOXの2017年限定グーリンハンドルモデルです。

ビクトリノックスのソルジャーです。片手で開ける現代的なモデルです。2008年の生産開始時に最初の1000本をファーストプロダクション記念として発売したものです。アメリカでは良く行われます。ブレードに記念モデルのエッチングが入っています。08はシリアルナンバーではなく2008年生産の意味だそうです。

 

スイスアーミーナイフのウェンガー社の100周年記念モデルです。1893創業なので1993年のものです。ビクトリノックス社とウェンガー社の2社がスイス軍納入メーカーでしたがウェンガーは2005年に経営が悪化。ライバルのビクトリノックスが資金援助し、2013年からナイフは全てビクトリノックスブランドに統合されました。

9・11のテロからアメリカでもポケットナイフは航空機持ち込み規制品となり、売り上げが下がったそうです。私も飛行機の移動でポケットナイフを荷物から抜き忘れ2回没収、2回機長預かりを経験しました。

こちらはミリタリースタイルのVICTORINOX社のトルーパーです。実際軍人が使っていたものです。

珍しい80年代頃に作られたサファリハンターです。上のトルーパーやサファリに加えてガットブレード(内側に曲がって先端が鋭くない内臓処理用)がついています。

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。