2020
04.01

WW1 イギリス軍ポケットナイフ

WW2 England

100年以上前に作られた、第1次大戦当時の英軍フォールディングナイフです。この当時は現在のマルチツールのようなものはなく、ナイフはナイフでそのほかにあると非常なツールが1つ付け加えられるぐらいでした。

こちらは陸軍の兵士に使われたもので、矢じりのようなツールはリーマー(穴あけ器)です。

このツールは2次大戦時の英軍やカナダ軍のナイフにも受け継がれています。おそらく缶切りや蓋開けなどにも使われたと思います。J.CLARKE&SON社製

海軍で使われたロープナイフです。1800年代から海軍ではシープフット(先端がとがっていない形状の刃)とマリンスパイク(ロープほどき)が組み合わされたこの形状が使われてきました。珍しいボーンハンドルのものです。S&J KITCHIN社製

どちらも現在のポケットナイフより重厚で、かさばりますがチープな感じはしません(実際高値で取引されています)。

そしてなにより現在も道具として使用可能です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。