2021
01.12

WW2米軍 スリング

others, WW2 US

2次大戦時の米軍のスリングを紹介していきます。

こちらはカーキ生地のM1ガーランド等に使用された厚手生地のスリングです。右の写真のようにバックル(挟み込んで固定する部品)の裏側がフラットです。こちらに盛り上がりのあるのは戦後のモデルとなります。

こちら金具による腐食があるスリングですがフラットバックルで、1944年S.M.Co.のスタンプが見えます。

同じ44年SM Co.の完全な状態のものです。

こちらは未使用品です。SM Co.がBM Co.に見えるのでよく間違われます。

スタンプが薄くなっていますがATLAS 44と読めます。カーキ生地です。

こちらは1次大戦時のライフル用Kerrノーバックルタイプと呼ばれるスリングです。薄手の生地で、トンプソン短機関銃等に使用されました。

M1カービン用カーキ生地スリングです。先端部を止める金具が縁のみでCの字に見えるためCティップタイプ、と呼ばれています。

メーカー名NS=NATIONAL POSTAL METER社 はっきり残ったカーキのCティップタイプです。

こちらはOD色のものです。SM Co.1944年と思われます。44年ころから導入された、防カビ処理(Moisture and Fungus Proofing)のスタンプも入っています。45年ころから金具が板状のDティップモデルとなります。

こちらもSM CO.ですが年号が読めませんね。1944に見えます。

こちらは1次大戦から80年代まで使われたレザー製のM1907スリングです。MILSCO1943の刻印があります。

こちらはに刻印がなく、スタンプで1986年12月と押されています。M1A(M14)の樹脂ストックのものに装着されていたようです。

レプリカのスリングも紹介します。

M1カービンのカーキ生地Cティップ金具です。スナップは2次大戦によくみられるKliKitの刻印のものですが表面につやがあり薄い素材です。長さ調整のスライド金具の裏にUSAの文字と楕円の中にWの刻印(ウォーターベリー社のもので戦後のM1カービンバックルで使用されているものです)があります。

こちらはOD色のレプリカです。

ガーランド用のレプリカです。S.M.Co.1944のスタンプがありますが、金具は山付きバックルで、艶消し黒のスプレー塗装です。コットン生地の色もライトというより青みがかったOD色という感じです。ティップの金具のみブルー仕上げで艶があります。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。