2021
01.12

WW2米軍 スリング

WW2 US

2次大戦時の米軍のスリングを紹介していきます。

こちらはカーキ生地のM1ガーランド等に使用された厚手生地のスリングです。

こちらは1次大戦時のライフル用Kerrノーバックルタイプと呼ばれるスリングです。薄手の生地で、トンプソン短機関銃等に使用されました。

M1カービン用カーキ生地スリングです。先端部を止める金具が縁のみでCの字に見えるためCティップタイプ、と呼ばれています。

こちらは1次大戦から80年代まで使われたレザー製のM1907スリングです。MILSCO1943の刻印があります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。