2020
07.08

M1カービンスリング

Vietnam

M1カービンのスリングですが、金属の筒状のオイラー(オイル容器)を留め金にして固定する構造になっています。

オイラーは開けると、このようになっています。

こちらはスリングの端の部分の金具が大きいDティップと呼ばれるもので、WW2戦後からベトナム頃まで支給されました。Dティップの部分にこのように年代が刻印されているものもあります。(こちらは62年のものでMRTは防カビ加工のことです)

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。