2021
07.29

アークティックキャンティーン

others

こちらのアイテムも私に知識がなく、米軍の水筒の変形型という認識しかなかったのですが最近コンスタントに売れるので調べてみました。

こちらのセットは1964年の水筒と80年代のコットンカバーで、キャップについているストラップは60年代のブラックチップ(黒い点が一定間隔で入っている)パラコードです。通常の米軍水筒と同じ1クォート(1リットル弱)しか入らないのですが重量はカップとポーチを入れると約1キログラムもあります。中身入れると2キロ!の重さです。

 

なぜこんなに重いかというと魔法瓶のように金属の壁が2重構造になっているためでこれにより中の水が凍りつくのを防いでいます。キャンパーの方は魔法瓶のように使っているようです。キャップはねじ込みではなくプラスティックの栓を押し込むだけで、ネジの溝についた水滴が凍ってキャップが出来なくならないためだそうです。

口にあたる部分はシリコーンラバーで、これも唇が凍った金属にくっつかないよう工夫されています。ちゃんと水筒カップもついており使いにくい形状ですが鍋としても使えます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。