2022
07.20

WW2ヘルメットシェルの年代について(ヒートスタンプのチャート)

WW2 US

備忘の為に生産のほとんどを担ったマッコードラジエーター社製のシェル内側、おでこの部分に打たれているスタンプと大まかな生産時期のチャートを貼り付けます。2次大戦中に約2000万個作られたそうです。あまり写真に写っていないですね。

1945年3月~45年6月  :1200~1300

1944年12月~45年2月   :1100~1200

1944年9月~11月     :1000~1100

1944年6月~8月    :900~1000

1944年3月~5月    :800~900

1943年11月~44年2月  :700~800

1943年9月~10月   :600~700

1943年5月~8月    :500~600

1943年1月~4月    :400~500

1942年10月~12月    :300~400

1942年7月~9月     :200~300

1942年4月~6月    :100~200

1942年1月~3月    :0~100

もう一つの生産メーカーであるシュルーター(Schlueter )社は全体の約1割程度の生産数でつばの部分の下側に細長いSの刻印が入ります。このヘルメットはその上の額にあたるあたりに55Aの文字が刻まれていました。

そのほかに、シームの違い金具の違いなどがありますので、そちらは追って書き足していきます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。