2021
09.09

ミュゼットバッグ

WW2 US

この形のバッグはミリタリーの興味がなくてもなんとなくなじみがあると思います。私が小学校の頃にも近所のジーンズショップこれもなくなりましたね)にこのバッグとほぼ同デザインでオフホワイトのものが売っていて、「塾に行くと気のバッグがほしい」と親にお願いして愛用していました。

このバッグもM1944フィールドパック同様、背中に背負う際、単体では背負えません。ストラップをサスペンダーのDリングに装着し、バックg底部分のDリングを使って固定します。

通常のコットンキャンバス生地のものと、防水加工したゴム引き(ラバライズド)がありますが、2枚あわせた生地の間に防水加工されいるので一見判別できません。重さと硬さで触ればすぐにわかります。

こちらはARNOLDというメーカー名のみで年号の記載がありません。

カーキのラバライズドコットン製です。1943年のものです。ユーティリティストラップの同年のものが中に入っていました。ショルダーバッグとして使えますがバッグ側のストラップに取り付けるとなんとも間延びした印象になります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。