2021
01.26

メスホール/フィールド用食器

others, WW2 US

メスホールというのは軍などの食堂のことです。フィールド用のメスパンやキャンティーンカップなどの食器以外に、基地や病院などの比較的大きな食堂や厨房で使われる食器があり、これらのコレクターもいます。

こちらはテーブルに置かれるアルミ製のシロップピッチャーです。ふちについたシロップが下にたれずにまた中に戻るよう縁が2重になっています。蓋はスプリング式で親指でレバーを下げると開きます。M1940という名称がつけられているようです。

こちらは米海軍メディカルデパートメントのステンレス製ミルク/ウォーター用ジャーです。

これも海軍のミルク缶らしいですが、直径20㎝、深さ22㎝もあり、メスホールというより厨房で使われたものだと思います。

中規模のこのようなセットも存在し、今はコレクターズアイテムとなっています。

こちらのアルミ皿は1951年AS Co.製で直径24㎝です。表面に食器用ナイフの当たった傷があります。

 

調理器具をセット用のロール型バッグです。1975年製 大型の包丁、フォーク、スプーン、ヘラの他骨切用ののこぎりなども入れるようです。

これは1944年の同じタイプです。

メディカルマーク入りのフォークです。REED and BARTON社製

2次大戦時の海軍のナイフフォークスプーンセットです。MODERNAIRE1の刻印があります。

SILCO社製スプーン

こちらも2次大戦のものです。フォークはMED.DEPT.USAの刻印、スプーンはUCとSILCOのメーカー刻印が入っています。

陸軍メディカルデパートメントセラミックです。

このプレートは同じ規格ですが4枚とも違う瀬戸物メーカーのものでした。

こちらはベトナム戦争当時のメラミン樹脂製カップです。1970の刻印があります。

兵舎や基地などで食事をする際のメストレイです。5つに仕切られています。刑務所などの映画のシーンなどでも見られるものです。

80年代以降のもので裏にAPWのマークが入れられています。

1942年のものでメーカー名は不明ですが、円を3つに仕切った中にF I P の文字が入っています。900グラム強あります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。