2020
08.18

ダンヒル サービスライター

WW2 US

ダンヒルといえば高級喫煙具メーカーで、今は若干ファッションのほうにジャンルを広げていますが私が子供の頃はダンヒルライターはおじさん世代のあこがれのアイテムで、何十万円もしました。
タイトル写真のパイプもシェルというシリーズで5万~10万円もします。
価格の話ばかりですみません。
先日米軍の2次大戦ベテランの私物にタバコポーチ(防水のタバコの葉を入れるもの)があり、その中にPXで購入したと思われる簡素なパイプ(ちゃんとハードウッドで出来ています)とこのオイルライターが入っていました。

軍人向けに作られたもので1次大戦のトレンチライターと同じ作りです。

キャップを開けるのとフリントを発火させるのが同時にできます。

ほんとは火花が発火するシーンを撮りたかったので何度も試して親指が真っ赤になっています。

こちらは同様の作りのダンヒルですが、高級版でシルバー製です。

他にもアメリカのメーカーで似たようなものが各種売られていたようです。
左のものは1次大戦当時の触媒ライター(最初のライターの一つ)で、白金カイロと同じ仕組みで着火します。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。