2020
08.03

USN マーク2ナイフ (樹脂シース)

WW2 US

数が増えてきたので、樹脂(プラスティック)のシースのもののみこちらで紹介して、レザーシースは別記事にします。

10年前は比較的安価に状態の良いものが入手できたのに、最近めっきり出てこなくなってきたものの一つです。
このシリーズのバリエーションについては徐々に書き足していくつもりです。
ガード刻印のKA-BAR製 Mk.2 未使用品です。


こちらは2次大戦末期頃に生産されたカミラス製のガード刻印のものです。ベトナム戦頃まで広く使用されています。バット部分は薄く、サイドからピン留めです。ちなみにMK.2は2次大戦以降は生産されていません。海兵隊のレザーシースに入ったタイプは50年代~90年代頃まで、複数のメーカーで作られました。

同じカミラスのブレード刻印のタイプです。ガード刻印より少し前の納入と思われます。こちらもバット部分はピン留めです。

上記2社より生産数の少ないRobeson Suredge製です。このメーカーはブレード前部の峰の部分のえぐれがきつく、先端が上向きの反り上がっています。グレーのパーカーライジングで、明るい色のブレードです。バット部分はフラットな分厚い板になっており、バット規格のレザーハンドルがくびれた形状になっています。ガードの刻印はR.C.C.となっています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。