2021
07.07

2つのドイツ降伏日

WW2 US

タイトルの写真はスターズ&ストライプスのドイツ版 1945年5月9日号です。トルーマン大統領が戦勝スピーチを行った記事の横に、ロシアはまだ戦闘中と書かれています。この日を象徴する見出しです。

1945年の4月30日にヒトラーが自殺。

その後アメリカイギリス連合軍と、ソ連軍が先を争ってドイツ国内を侵攻し5月6日にドイツ国防軍のヨドル作がフランスのランスというとして降伏文書に署名。2日後に発効という条件で5月8日の夜に無条件降伏が発効されました。

その時点ではまだソ連軍はベルリンで戦闘中で、スターリンによる激しい抗議があり、5月8日になって再度ベルリンにてドイツ軍最高司令官カイテル元帥による署名のやり直しが決まりました。実際には署名調印に時間がかかり5月9日になってやっと2回目の降伏が発効されました。

今でも西側諸国ではヨーロッパ戦勝記念日(VE Day)は5月8日ですが、ロシアなど東欧の諸国では5月9日とされています。

当時の従軍者が記念に持ち帰り保存していた新聞です。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。