2020
11.18

ドッグタグ

WW2 US

米軍兵士が首からチェーンでつけている身分証明の金属製タグを犬の鑑札に似ているのでドッグタグ、と呼びます。
南北戦争以降に考案され、2次大戦前から楕円を伸ばした形のプレートンが2枚の形になって現在も使用されています。
2枚セットになったのは戦死したときに片方のタグを回収し、1枚は体につけたままにするためです。

ベテランからの買い付けを行っているとドッグタグがよく入ってきますが、1枚のみのことも多いですし、同じ兵士のものが10枚以上ボックスに入っていることもあります。
はじめは戦死者のものを持ち帰ったのかと思いましたが、現地で買い付けしている友人に聞くと帰還したベテランが、記念にとっておくときチェーンから外して保管するため2枚セットならないことが多いそうです。

このように、当時の軍歴の書類や記念のアイテムの中に1枚だけ入っていたり、アルバムに貼られたりしている物も入ってきます。

2次大戦から朝鮮戦争のタグは片側に切り込み(ノッチ)があります。これは当時ドッグタグの内容を紙に複写するためのAddressographという機械に固定する際、向きを間違えないためのものです。

ベトナム以降はこの機械は使われなくなりタグのノッチもなくなりました。
私がコレクションを始めた頃は「戦士した兵士の腹にガスがたまらないよう口を開けておくため、ノッチを歯にひっかけて固定した。」という恐ろしい伝説を聞かされましたが、さすがにそれは誤りのようです。

2次大戦時のシリアルナンバー

打刻の中身の見方について備忘のため書いていきます。

□2次大戦時の認識番号は8桁の数字が基本です。

◆正規兵(志願兵)の場合は初めの一桁が1、二桁目の数字が所属する軍団(Corps)の地域になります。

◆州兵(予備役)は初めの二桁が20となり、三桁目の数字が軍団の地域になります。

◆徴兵は初めの一桁が3、二桁目の数字が所属する軍団(Corps)の地域になります。1942年から徴兵の急増の為、初めの一桁が4の徴兵用ナンバーが作られました。

◆それ以外に一桁目にアルファベットが入ったものがあります。 R:正規軍系・下士官、O:正規軍将校、W:ワラントオフィサー、T:航空機搭乗員(下士官)、V:WAAC(女性軍団)将校、AとL:WAACの兵・下士官、N:ナース

戦後

□ベトナム戦1966年~1968年

頭にアルファベット1~2文字の募集コード、その後に8桁の数字となります。

US:徴兵の兵/下士官、UR:徴兵将校、ER:正規兵(志願)兵/下士官、OF:正規兵(志願)将校 、AF:空軍兵/下士官、AO:空軍徴兵将校、A:空軍正規兵(志願)将校、AA:空軍女性兵/下士官

 

こちらはベトナム戦時の海軍のタグです。1959~1969年まではこのような7桁の認識番号でした。1969年以降に順次9桁の社会保障ナンバーに切り替わります。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。