2020
01.16

ベトナム戦 特殊部隊 カモフラージュスカーフ

Vietnam

1960年代頃から米軍ではパレード時などに兵科によって歩兵はブルー、騎兵はイエローなどのカラースカーフを着用するようになりました。米特殊部隊は決まったカラーがありませんでしたが、初期の隊員がパラシュートのカモフラージュ生地をスカーフ代わりにしたことから、非公認でカモフラージュ柄スカーフを使用するようになりました。

その後、様々なパターンのスカーフが自作されたりPX(軍の売店)などで販売されるようになりました。

 

 

こちらはPX等で販売されていたIra Green社(G-23表記)のもので、ナイロン素材にグリーンリーフ迷彩がプリントされています。

こちらも造りがよくPX品と思われます。スナップはロードアイランド州のRAU F Co.と刻印されています。

典型的なローカルメイド品です。裏地付きでベルクロテープで留めるように作られています。

これもローカルメイドです。両面パラシュート生地で、中に芯の布が挟まっています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。