2021
12.23

WW2戦後~ベトナム戦 G-1ジャケット

Vietnam, WW2 US

第2次大戦中に活躍した空母エンタープライズ、空母サラトガと朝鮮戦争当時の空母レークシャンプレンのパッチが付いた米海軍のG1フライトジャケットです。1950年代のジャケットでラベルにBurau of Aeronautics USNの文字があります。この時代はゴート(山羊)スキン製で文字がかすれて読みにくいですがJ-7023(AER)と呼ばれるモデルと思われます。

背中にビッグEことエンタープライズのパッチ、腕にレークシャンプレイン、胸にサラトガのパッチが縫い付けられています。カフ部分のニットは破損したと思われカットして手編みニットのカフが手縫いで付け替えらえれています。ジッパーはアルミ製の弱いConmarのもので歯がところどころ抜けています。

1970年代から海軍のC-130のパイロットだった方のG-1です。ジャケットは60年代中頃のムートン襟のものですが、縫い付けられたパッチは90年代海軍の輸送スコードロンのもので、彼の最終所属部隊のものです。IRVN B.FOSTER SPTSWEAR CO.のジャケットです。DSA-100-598 MIL-J-7823C(WEP)と書かれています。

同じパイロットのWEPジャケットです。かなり荒く使われています。タグにMIL-S-18342C(WEP) 8415-290-5886 と書かれています。
DSA-100-73-C-0356で1973年のものです。

こちらはCWU-45Pです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。