2021
07.20

P38カンオープナー

Vietnam, WW2 US

ドッグタグについていたり、レーションの箱に入っている携帯用缶切りです。

かなり良くデザインされていて、刃が折りたためるので比較的安全に持ち歩けて非常に軽量です。2次大戦時に登場しその後ベトナム戦でも使用され、80年代には一回り大きなP51へ切り替わりました。P-38 の名前の由来はわかりません。このアイテムも一部のキャンパーの間で人気らしく、復刻版も作られています。

同じMALLINというメーカのものです。中央の溝が左端まで通っていなくて途中で止まっています。このメーカーの50~60年代のモデルです。左は黒っぽく右はシルバーで、GO ARMYという文字が刻印されています。

どちらもMALLIN社の紙パッケージに入っていました。

大量生産品なので、時々この様に刃が起きなくて苦労することがあります。その時刃のパーツをカタカタと動かし一番開く位置に持っていき、間に指や物を挟んで一気に開いています。一度開くと、次からは簡単に開くようになります。

実際に缶を開ける際、最初の穴あけの際にかなり力が要ります。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。