2020
10.16

メスキット

others, Vietnam, WW2 US

メスパンはミートカンとも呼ばれます。食事を入れる食器です。これにナイフ、フォーク、スプーンが付いて一式でメスキットと呼びます。金属製で全体を煮沸消毒できるようにしてあります。
左が1次大戦時のもので全体に薄いデザインで本体と蓋はアルミ製、ハンドルはメッキした鉄です。

右は2次戦のものは本体、蓋、ハンドルすべてが亜鉛メッキの鉄となり、2次戦中盤頃に本体と蓋がアルミ製の物が登場しました。蓋部分も深く仕切りが作られています。
ベトナム戦時に入ってステンレススチール製に切り替わりました。

下の2次大戦のものはスチールのため若干錆があります。

1次戦のものは蓋が極めて薄く、実用的でないためより深い蓋のタイプも作られました。

2次戦のものはハンドル中央に、1次戦のものはハンドルの縁にメーカーと年号が刻印されています。

こちらは1941年のACU Co.製でハンドルの形状は1次大戦のものと同じ分厚いもので、縁部分に刻印があります。

1945年AGM Co.製のアルミ製です。

ベトナム戦時のものです。REGAL社1966年製

同じ1966年T/I-M&C製

2次大戦時のアルミハンドルメスナイフに手作りシースが付いています。

典型的な2次大戦時のナイフフォークスプーンセットです。フォークスプーンはDS(Diamond Silver Company)製、ナイフはアルミハンドルにBの文字が入っています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。