2020
12.12

ベトナム戦エントレンチングツール

Vietnam

エントレンチングツールは塹壕(トレンチ)を掘るための道具です。塹壕堀りは兵士にとっては命を守る大切な作業で、あらかじめ時間をかけて身を隠す穴を掘っておけば、銃弾や破片にあたる可能性が大きく減ります。

今も昔も似たようなシャベルで土を掘ります。ベトナム戦争当時のものは第2次大戦のものとほぼ同形の2つ折りですが、シャベル部分が先端から丸くカーブを描いているのと、シャベルのほかに折り畳み式のピッケル(ツルハシ)が付いているのが特徴です。

ベトナム戦争では陣地戦が少なかったためエントレンチングツールの携行率が少なく、生産数も第2次大戦より少なかったため見つかりにくいアイテムの一つです。

カバーは斜めに銃剣を固定できるように作られています。

1965年AMES社のものです。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。