2020
03.29

WW1米軍 ライフルカートリッジベルト

others

M1903,M1917などの5連クリップを収納するカートリッジベルトです。バリエーションが多いの入荷したものを少しずつ紹介していきます。

8ポケットのM1903ベルトのセカンドパターンです。スナップは鷲のマークが入ったイーグルスナップです。

1次大戦のものは裏側のバックルにフック型の金具がついており、それをベルトの2つの穴に刺して固定します。これが非常に硬く取り外すがしにくいです。

前部にほかの装備を装着するスペースが空いていたり、スナップボタンがイーグルマークのものだったり、ポケット下部が絞られていたりとバリエーションがありますが、WW2のものとはバックルの形状が異なります。

M1917のマウンテッドタイプで9ポケットにピストル用マガジンポーチをつけるスペースがあります。騎兵などで使用されました。 LCC & Co(L.C. Chase )製。年号が読めません。

こちらは実際にピストル用マガジンポーチが付いたままの状態ので見つかりました。

こちらはラッセル社1918年とミルズ社1919年の左右メーカーの異なるポーチが組み合わさったベルトです。同じ兵士のロットで見つかったもので褪色も同様ですのでこの形で使われていたものと思われます。ポーチ下部の絞りの方法が両社で異なります。

こちらはベルトにはLONG1918年のスタンプがありますがポケット部分の向かって右側はミルズの1917年、左側はミルズの1918年のスタンプがあります。1917年のほうは5発ずつのクリップを分けて収納するためのセパレートストラップがありますが、反対側にはありません。ポケット下の鳩目穴も1917年のものは楕円形で、形状が異なります。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。