2020
04.09

WW2 徒手格闘マニュアル

WW2 US

 

1942年に発行されたHand to hand fighting(徒手格闘)マニュアル ”GET THOUGH !”です。有名なイギリス海兵隊の格闘技教官 W.E.フェアバーン中佐によって書かれたものです。

 

フェアバーン中佐はフェアバーン・サイクス コマンド ダガーをデザインしたことでも有名です。

こちらは同じく彼がデザインし、イギリスのSASやアメリカのOSS(CIAの前身)で使用されたスマチェットです。

 

アメリカイギリス両軍で採用された格闘法です。

 

これは同じ1942年のフォートベニング歩兵学校の徒手格闘マニュアルです。

分解写真中心でより動きが分かりやすく作られています。長いM1905銃剣、トレンチショットガン、ナックルナイフなど古い装備なのがいいですね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。