2020
08.23

WW2米軍支給シースナイフ

WW2 US

Cattarugus225Q ユーティリティーナイフです。

Cattarugus225Qユーティリティーナイフです。


ブレード長6インチの2次大戦中米軍の正式支給ナイフです。

軍用らしくないミラーフィニッシュですが、非常にごつい作りです。ハンドルはレザーワッシャーと呼ばれる革を積層したものです。このメーカーは他のメーカーよりハンドルの造りが悪く
表面にざらつき、革のサイズのばらつきがあります。

峰の部分の先端のみエッジが付いています。

バット部分はこのように固定され、チェッカー(十字の溝)が彫られています。

 

同じ6インチブレードのシリーズで、こちらはCASE社のものです336-6”Qというモデルです。グリップに細かいリブ(溝)があります。

 

こちらは海軍のPAL RH-36ナイフです。こちらも約6インチのブレードですがカトゥルーガス225Qよりもスマートで繊細な造りです。

こちらはグレーのパーカーライズド仕上げのブレードですが、同じ支給品でもミラーフィニッシュのタイプもあります。

峰のグラインドされている部分にはエッジが付いています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。