2021
01.19

フィールドマニュアルとテクニカルマニュアル

others, WW2 US

仕入れ先の関係で、米軍のペーパーアイテムというジャンルでマニュアル類をたくさん扱ってきました。元従軍者からの買い取り以外に軍の基地や図書館から買い取りもあり、何百冊と入荷しましたが最近はアメリカでもアマゾン等で売ると結構高値で売れる事がわかり、最近はなかなか入ってこなくなりました。

特にアメリカで価格が上がってきたのが武器類のマニュアルです。当時の銃器はコレクターズアイテムになりM1911A1ガバメント拳銃はM1ガーランド小銃の2次大戦のきれいなものは3000ドル以上します。それに伴いアクセサリー類の価格も上がり、マニュアルも人気となっています。

M1917リボルバーのマニュアルです。分解方法、パーツリスト、射撃方法なども説明されています。

M1911シリーズの1940年のマニュアルです。第1次大戦時のM1911と改良型A1の両方が並べて掲載されています。乗馬射撃シーンは西部劇のようですね。

1944年の手榴弾、ライフル用てき弾、バズーカのマニュアルです。

1944年のM1カービンシリーズのフィールドマニュアルです。

こちらはファーストエイドのマニュアルです。

フィールドマニュアル(FM)というのがいわゆるHowToもので、あらゆる分野について米軍ではフィールドマニュアルが存在し、平易な文とイラスト、写真などで説明しています。これに対しテクニカルマニュアル(TM)は使用説明書のようなものです。

銃などの武器にはFMとTM両方が存在することが多くなります。

 

1941年のソルジャーズガイドです。陸軍兵士に必要な情報が網羅されていますがFM21-100となっておりフィールドマニュアルに分類されます。

米軍のマニュアルの特徴ですが、改定の際にChange1,Change2という風に補足資料(補遺)が発行されます。これが間に挟まっていることが多いです。これは1940年のM2ブローニングのマニュアルで1941~43年に発行された補遺が6点入っていました。

支給品ではなく販売されていたものですが、ミリタリーサービスパブリッシング1943年発行の分厚いマニュアルです。ドリルレギュレーションという名称ですが、米軍のドリル(行進)マニュアルは全体的に整列や行進だけでなく、銃の操作、使用法、分解などについても触れられています。このマニュアルもM1903、M1ガーランド、M1カービンのマークスマンシップに多くのページが割かれています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。