2021
05.15

海軍ユニフォーム ロッカー(リボン・ネッカチーフ)

Vietnam, WW2 US

海軍のユニフォームの右肩にアーク上のタブが付いていることがありますが、通称Rockerと呼ばれています。正式名称はUnit Identifying Marks (UIM)で所属部隊名や所属する船の名前が書かれています。

 

海軍のユニフォームでは陸軍のような絵柄の入った部隊章は使いません。

 

メロウドエッジの1960年代以降のタイプです。

カットエッジの大戦中~50年代頃のものです。

セーラージャンパーの際に使用するスカーフ(ネッカチーフ)です。シルクの大きな正方形で、このようにアイロンでプレスして紐状にしたり、金具でまとめたりして使用します。

自分で巻くのは面倒なのでこのように最初から巻かれており、筒状の部分で調節できる便利なものも売られていました。ST. Johnsというテーラー製でパテントも申請していたようです。

このような専用金具で巻いた状態で固定してあるものもあります。

 

これはハット用のリボンです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。