2020
12.30

LRRPリュック

Vietnam

俗にLRRP(長距離偵察隊)リュックサックと呼ばれていますが、米軍の発注名はINDIGENOUS(現地の)インディジナス リュックサックで、当時沖縄でアメリカが現地のメーカーに発注して製作させたものです。もともと特殊部隊用に発注されたようで、生産数は3.5万個といわれていますが、実際はもっと多いと思います。

3ポケットとメインコンパートメントの形状は2次大戦時に支給され、ベトナムで米特殊部隊に愛用されたマウンテンリュックサックに似ており、これがモデルともいわれています。

私が小学生の時、父が山岳部で使っていたリュックサックを譲り受けましたが、この写真のような形状でコットンに防水加工したビニロン生地でこのようなオリーブグレーでしたので当時日本の市場で普通に流行っていたデザインではないかと思います。

ここからバリエーションを紹介します。ビニロン生地、コットンに薄く防水したもの、完全なコットン生地、ストラップがナイロンのもの、更にいろいろな色調のものがあるのが分かります。

更にベトナム製と思われる、一回り大きなサイズのものや、ストラップの代わりにパラコードを縛って留める初期のものなどもありますが、これらはまた別の記事で紹介します。

2000年頃私がベトナムで買い付けをしていた時、軍の倉庫で中古品が500個見つかったことがあり、その後もばらばらと100個単位で見つかっておりベトナム人の名前が書かれていたので南ベトナムの一般部隊に支給されていたようです。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。