2022
01.20

米軍ニット帽、防寒帽

others, Vietnam, WW2 US

寒い日が続くので、2次大戦時から現代までのニット帽や防寒のパイルキャップを紹介していきます。陸軍のM1941ニットキャップ(通称ジープ帽)です。1942年ごろから使用され始め、かぶりやすいので兵士の間で人気があったそうです。ただ一部では軍人らしくない、との意見もあったようです。これまで何度も入荷しましたが、実際使われていたものなので必ず虫食いや引っかけによるほつれがありました。こちらは比較的綺麗なものです。サイズタグは外されていますがかなり小さいのでSなのだろうと思います。小さなつばがあり、後頭部は折り返しになっています。

もう1点入ってきましたがやはりサイズタグはありませんでした。前回のものより大きいのでMサイズと思われます。ところどころ虫食いがあります。

海軍のウォッチキャップです。ウォッチは見張りのことです。これは1990年のものですがラベルにもCap knit,watchと書かれています。つばが無い形状です。

2次大戦時のものです。元々白いタグが付いていますがほとんどが外されています。こちらもタグの跡の縫い糸のみ残っています。折り返した部分い兵士の名前のステンシルが入ることが多くこちらも薄く残っています。

ベトナム戦時のものです。2次大戦時とほぼ同じです。1974年のタグがあります。

縁の部分の編み方もほぼ同じですね。

 

現用のウォッチキャップともいえるフリースキャップです。ポーラテックを使っており軽量です。

こちらは1947年製のウィンター用パイルキャップです。コットン生地にウールの内張り、イヤーフラップとつばの裏側は昔のフリース素材です。

1980年製の空軍B-9B ウィンターフライングヘルメットです。セージグリーンのナイロンで化繊のファーが付いています。SMALLサイズですが、比較的大きめな造りで55~57㎝くらいの大きさです。

WW2米海軍ウィンターキャップです。耳を覆い、後頭部もフラップでガードしてあります。外側はコットン、内側はウールフェルト製です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。