2021
05.06

ハンソンリグ

Vietnam

特殊部隊や長距離偵察隊員が敵地からの脱出時に縁に吊り上げてもらう(抽出)のためのストラップです。もともとはA-7Aという名称もありますが航空貨物を固定してパラシュートでおろす際に使われる4000ポンド耐荷重の強力なナイロンベルトです。これを体に巻き付け端のDリングをカラビナにつないでロープで吊り下げるのですが、MACV-SOG隊員のビル・ハンソン氏が考案したのでハンソンリグと呼ばれています。

ストラップの元々の長さは4.5メートルほどあります。

特殊部隊隊員が腰にカラビナでぶら下げている写真です。

 

装着に時間がかかる為、その後専用のSTABOリグが考案されましたが軽量で持ち運びやすいので非常用に戦争後期まで使用されたようです。今回のストラップはベトナムの倉庫から見つかりましたが1974年の金具がついており終戦まじかにアメリカから供与されたものが現地に残っていたようです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。