2022
05.04

南ベトナム軍ベレー

Vietnam

1975年に当時アメリカ側が支援していた南ベトナム共和国が敗北しベトナム戦争が終わりました。それからすでに45年以上経過しているので、当時のオリジナルアイテムも貴重になってきました。南ベトナム共和国の軍隊は、フランス統治時代のフランス軍の伝統が残っており、制服やこのベレーなどもその名残です。ベレーの徽章をつける場所がアメリカのグリーンベレーなどでは左目の上あたりですが、南ベトナム軍のものはフランス軍と同様右の耳近くになります。

ベトナム戦争当時一般歩兵のベレー着用は少なく、空挺、レンジャー、海兵隊などのエリート部隊や戦車兵、野戦警察などが多用していました。

陸軍の空挺部隊のベレーはレッドのフェルト製で、金銀のモールを使ったパラシュートと羽のマークがついています。中央下部に黄色に赤三本線の南ベトナム共和国国旗があしらわれています。このベレーは内側のライニングを外し、救難信号マーカーなどに使われる鮮やかなオレンジのナイロンを縫い付けてあります。

よく似ていますがレンジャー部隊のベレーでパラシュート降下は行わずエリート部隊として有名でした。正式には赤ではなくマルーン(エビ茶)ですが、こちらのベレーは上のベレーとほぼ同じ赤に近いフェルトです。矢に翼のついた徽章がつけられています。こちらにも国旗が入っています。

金フォイル地の紙タグにメーカー名がプリントされています。中央Chi Thanhが店の名前で当時のテーラーショップで、軍人向けに被服を販売していた業者です。当時のベレーはほぼすべてこのように軍人向けのテーラーショップで販売されていたようです。下のCholonはサイゴン(現ホーチミン市)の西側にある中華街のあるエリアです。現在ここに行っても軍人向けの店はありません。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。