2022
04.18

買い付けの写真

others

アメリカの友人がどのように買い付けしてくれているかを写真で紹介します。アメリカではすでにフリーマーケットが普通に行われるようになっており、規模の大きなものはタイトルの写真のような巨大な会場で、見るだけでも半日かかるそうです。そこで買い付けたものをバンの後ろに詰め込んだ写真です。

 

もう一つの方法がEstate Saleで日本ではガレージセールといった方がわかりやすいと思いますが、自分の家の庭先などに不用品を並べて売ることです。その中でも元軍人の方が売る情報が入るとかなり遠方でも現地に買い付けてくれます。こちらの家は元海軍のアビエータのもので、そこで買ったものをまたバンの後ろに詰め込んだところです。

このようにして買い付けたアイテムが大きなボックスいっぱいになると日本への輸出で続きを行ってくれます。この弾薬箱の中にも冊子や小物類がぎっしり入っています。

何が入っているのか?ボックスを開けるのは楽しみでもあるのですが、驚くべきペースで未開封の箱がたまっていきます。早く確認して値付け&販売しなくてはいけないというプレッシャーがキツイです。

2022年5月からは友人の一人がアメリカの南部から北に向かって移動しながらフリーマーケットを物色していくので、その写真も順次送ってもらいます。その場での商談になるので日本時間の午前2時から5時くらいの間にガンガン問い合わせの写真とメールが送られてきて「即答」が必要とのことでしばらく寝不足の日々が続きます(笑)

 

昨夜(2022年5月13日)の夜1時ころ送られてきた写真です。コレクターの家から送られてきてその後このような写真が50枚以上送られてきて買うものが決まった時はもう午前4時になっていました。

古いものばかりでなくこのようなものもありました。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。