2019
10.25

アンモボックス

others

機関銃用の弾薬箱が時々入ってきます。
年代や国によっていろいろな違いがあって面白いです。中身の保護、防水防塵性、携行のしやすさ、並べて収納できるか、給弾のしやすさなどいろいろな視点で工夫されているのがわかります。銃の弾倉にあたるものなので安っぽい造りのものは少なく、それなりにコストと手間をかけて作られています。

こちらはWW1(1次大戦)の米軍の機関銃用です。
全体が木製で、ハンドルはコットンのテープ、角の部分は木の凹凸を組み合わせています。
積んで収納することを考え、ラッチ等金具も凹凸の無いデザインになっています。
 

同じ時代のものですが、これは底の角に切り欠きがあり、ハンドルはレザー製です。

こちらはWW2のドイツ軍のMG34/42機関銃用です。

スチール製で防水性があり、栓抜き型のラッチで蓋を締め付ける構造です。


ハンドルは起こした時に片側に偏ってついています。
これによって2個を片手で持つことが出来る考え抜かれたデザインです。

 

こちらはWW2の米軍M1919機関銃のM1アムニッションボックスです。防水仕様で隅にゴムのついた蓋は取り外すことができます。

 

こちらは珍しい、改良型のM1A1です。サイド部分に三脚上に固定するためのスプリング式ロック金具が追加されています。戦後モデルになる前の移行期のモデルです。4BALL 1TRはよくある組み合わせで4発の通常弾(BALL)の1発の曳光弾(TRACER)の順にベルトリンクに収納されています。

 

こちらはM1の車載用T4アムニションチェストで戦車などに積まれたものです。ハンドルがなく、蓋のロックはサイドの金具を回転させて行う構造です。

 

米軍の.50口径(12.7mm)弾用です。APは徹甲弾(アーマーピアシング)で105発収納できます。

1950年代以降の50口径弾用ボックスと同じサイズですが45口径の拳銃弾1000発入りの表示があります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。